薬剤課のご案内

薬剤課では、メインテーマを「『病院薬剤師』概念のイノベーション」として掲げていますが、決して画期的なこと、奇抜なことをするのではなく、 薬剤師の広い職能を発揮して全面的に参加することで、障害児者・地域の医療・福祉の向上に貢献します。

薬剤課の一般的な主な業務としては

  1. 入院・入所調剤
  2. 注射剤供給
  3. 薬剤管理指導
  4. 医薬情報活動

が挙げられます。

1、入院・入所調剤

利用者様への内服薬・外用薬の管理・点検・提供のいわゆる「入院・入所調剤」の部門では、テーマ を「『病院調剤』概念の大転換」としています。 多くの薬剤部門の現場で、医師からの処方・指示が届いてからアクションが始まるのに対し、積極的に持参薬情報や診療情報提供書を分析し、 利用者様に提供する薬物治療に、最大限の効果を確保し利用者様の負担軽減に努めます。 「入院・入所調剤部門」では利用者様情報を真っ先にキャッチすることから、 注射処方・指示を含めた管理・点検を行っています。 今後は、センター内の採用品目の都合で入院した時に薬剤数が増加するなどして、 利用者様ご本人や介助・服薬支援をする方の負担が増えてしまうなどの現象を、出来るだけ防げるように、基本的な考え方から見直す試みをしています。

2、注射剤供給

入院・入所された利用者様も外来診察の患者様も、飲み薬より早く、より高い治療効果が求められるときに注射剤による治療が行われます。 「注射剤供給」の部門では、テーマを「安全・適正使用の保証と最大効果の確保」としています。 「早く高い効果」が得られるということは、 すなわち患者様と注射剤の相性が合わなかった場合には、副作用や過剰な影響が大きく出やすい、ということになります。 よって、「注射剤供給部門」では特に安全で適正な使用を重視しています。

3、薬剤管理指導

入院・入所された利用者様の情報を「入院・入所調剤部門」でキャッチし、各部門で共有・検証した結果を、実際に目に見える形で提供します。 直接に利用者様とご家族様の元へ伺ってご説明をすることもあれば、目立たず縁の下で能力を発揮していることもあります。 さまざまな利用者様情報と医薬品情報を集約して行う「薬剤管理指導」はテーマを「薬物治療のトータルマネージメント」と位置付けています。 現在は、より高い管理・指導が必要であろう医薬品を使用する利用者様を中心に 行っていますが、私たちは全ての利用者様への安心の提供を目指しています。

4、医薬情報活動

当センターの外来診療では約75%がいわゆる院外処方箋を発行しています。 利用者様の服薬情報・生活情報・地域特性などを一番良く知る「かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師」である地域保険薬局様・保険薬剤師様に、 存分に機能を発揮して利用者様の治療・生活・健康維持を支援して頂きたいと、願っています。 そして入院・入所中の利用者様だけでなく、そのような外来受診の利用者様がご自宅やご施設などで、 出来るだけご不便や無理なことが無いように、処方内容の点検・鑑査に努め、保険薬局様・保険薬剤師様から提供された服薬情報をもとに、 実効性の高い薬物治療が患者様に提供できるように努めています。 その目的から、テーマを「外来・在宅における薬物治療の実効性の確保」としています。

横浜医療福祉センター港南の薬剤課

私たちが目指すものは、
「薬剤学・薬理学・社会薬学などによる薬剤師の総合力の発揮」
これは決して、画期的なことではなく、また、奇抜なことでもなく、薬剤師の本来の姿。
すなわち温故知新、薬剤師職能の具現化。
私たち薬剤師は、『あるべき姿への回帰』という長い旅路の途中にいるのです。

部門紹介

診療部

在宅支援部

居住支援部