ユニットケア

生活の基盤となる居室は4人部屋が基本となり、リビングを中心に3室12名又は2室8名にリビング1つがあります。
ユニットケアというと個室のイメージがありますが、重症心身障害児者は医療ケアのニーズも高いため「生活と安全」の両面にわたって取り組めるように、 少人数制ユニット体制で「いつものわたし」を・・
長期入所・短期入所・入院で合わせて160床です。

長期利用者の1日の流れ

6時00分~7時00分 朝食(注入含む。)
7時30分 起床
9時30分 個別活動
日中活動参加①
12時00分 昼食(注入含む。)
13時20分 日中活動②
個別活動
14時55分 日中活動③日中活動
18時00分 夕食(注入含む。)
21時00分 就寝

入浴:週3回

9時30分 入浴(午前希望者)
13時30分~16時00分 入浴(午後希望者)

日中活動

月6回(28年度)
月8回(29年度予定)

日中活動

「日中活動室」は、センターで暮らす方々が通う、活動参加の場です。
スヌーズレン、音楽、調理、スポーツ活動などに、フロアーの仲間と参加をして、毎日を楽しく過ごします。
また、地域や社会とのつながりを持ち、自分らしさを発揮しながら、その一員となれる活動への参加もしていきます。
短期入所を利用される方の「楽しみの場」の一つとして、日中活動に参加することもできます。

日中活動新聞

 2018年度

 4月  5月  6月  7月-8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  3月 
    5月(キティ 特別号)

 2017年度

4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  3月

地域交流

近隣の方との交流の場として、開かれた施設を目指しています。
当施設1階にある多目的ホールと交流ラウンジがあり、地域のみなさまによるボランティアさん、 近隣の幼稚園、保育園、学校(小中高学校、短期大学)との交流活動のほか、10月にはお祭り、 12月にはクリスマス会などを開き交流していきたいです。

キリン ホール

ラウンジ 会議室

分教室

名称:横浜市立中村特別支援学校・港南分教室
ここ、「横浜市立特別支援学校・港南分教室」は「横浜医療福祉センター港南」に入所している学齢のお子さん(小学部~高等部)の「学校」です。
教室スペースは、パーテーションやアコーディオンカーテンで仕切ると、3つの教室として分けて使用することができます。
 基本的な日課表(授業日数、授業時間)や授業内容は、本校(横浜市立中村特別支援学校)に準じたものを予定しています。本校では、朝の会、個別のうんどう、集団での学習(おんがく、ずこう、びじゅつ、たいいく、せいかつなど)課題別学習、帰りの会といった授業が行われていますので、分教室でもこの内容に準じた授業を行っていく予定です。